2009年4月30日 [施川ユウキ映画コラム]

施川ユウキ映画コラム「全ての映画は、ながしかく」第1回 自虐の詩

第1回「自虐の詩」 

 映画の感想を語る時「原作と比べると…」とか言う奴が嫌いだ。海外の小説など滅多に読まない自分からしたら「え、原作読んでないの? 読まずに映画観るの? 浅くない? って言うか普段から本とか読んだ方がいいよ」的な事を言外に言われているような気がしてならない(被害妄想)。そんな場面ではいつも全力の仏頂面で不機嫌をアピールし、気まずくやり過ごす事にしている。
 で、この「自虐の詩」ですが、原作と比べると若干毛色の違った作品になっています。…スミマセン。原作読んでない人は全力の仏頂面でこの先を読んで下さい。
 原作「自虐の詩」は、社会の下層に属するどうしようもない二人の変わらない日常を何度も何度も繰り返し描き、読者に滑稽な生活ぶりを十分認識させてから、ラストにその日々がいかに価値のあるかけがえの無い物だったのかを気づかせ嵐のような感動を呼び起こす、という歴史的傑作だ。均質なテンポで淡々と日常を描く4コマだからこそ、結実した奇跡だと思う。
 一方、映画「自虐の詩」は良くも悪くも映画そのものだ。主役の阿部寛と中谷美紀は役作りしてるものの華があるし、構成や演出は独特でケレン味がある。特に印象的だったのが後半の自殺未遂するシーン。ベッドの上に鮮血が広がるカットは恐ろしいほど絵になっていて、瞬間的に心を揺さぶられた。日常描写的にサラッと描いてる原作とは対照的だ。
 物語はクライマックスで分かりやすく「泣かせ」に行っている。だが、確信犯的な堤幸彦演出のお陰であまりあざとさを感じさせない。あざとさを指摘する前に、「イサオの風貌は、ヤクザから足を洗ってからの方がヤクザっぽくなってる!」とか面白い方に色々ツッコミを入れたくなる。ただ、堤幸彦特有のツッコミ所の多い演出は、強く出れば出るほど我々の生活世界から遠ざかってしまう。生活賛歌がテーマである本作では、そこに多少のジレンマを感じた。

「自虐の詩」
監督●堤幸彦
出演●中谷美紀・阿部寛・遠藤憲一・カルーセル麻紀・松尾スズキ・ほか
上映時間●1時間55分
【イントロダクション】
「日本一泣ける4コマ」と名高い業田良家原作の『自虐の詩』がついに映画化。母の顔は知らず、父は銀行強盗、子どもの頃から苦労を重ねてきた幸江。仕事もせず、気に入らないことがあるとちゃぶ台をひっくり返す内縁の夫、イサオと暮らしている。そんな中、運命を急展開させる出来事が…。

PAGE TOP