2021年4月1日 [施川ユウキ映画コラム]

施川ユウキ映画コラム「全ての映画は、ながしかく」
第5回 キャプテンEO

第5回「キャプテンEO」

小学校の修学旅行で行ったディズニーランドの帰り、バス車内で同級生に話しかけられた。「『キャプテンEO』観れんかった奴は人生損してるよ」小学生が人生の何を知っているというのか。『キャプテンEO』は、ランド内にあったマイケル・ジャクソン主演の立体映画アトラクションだ。いかにショーが素晴らしかったのか語る彼の目の輝きは、本物だった。僕は観ていないし、マイケルについても当時はよく知らなかった。知らないがゆえに、とんでもない物を見逃してしまったような悔しさを感じ、小学校卒業後もしばらく後を引いていた。話しかけてきた同級生が誰だったのか、今はもう覚えていない。
翌年の夏、メガドライブ用ゲームソフト『マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー』を、僕は発売日に買った。『キャプテンEO』を観られなかった空白を、別媒体のマイケルで埋めようとしたのだ。白スーツ姿のマイケルが子供を助けながら敵を倒していくアクションゲームで、キャラの動作がいちいち絵になっていた。ドット絵で見せるダンスもやたらカッコいい。ポォとかアォとか言いながら一回転してドアを開け、片手で帽子を押さえジャンプする。ムーンウォークも自由自在だ。こんな惚れ惚れするような動きを見せるゲームキャラは初めてだった。最終ステージ、マイケルは宇宙船に変身して宇宙へ飛び立つ。ゲーム画面ではわかりづらいが、乗り込むのではなく、乗り物そのものになる。クリア後、エンディングで披露されるダンスが超絶技巧で、印象的だった。ゲームとしては高難易度だったが、ダンス見たさに何度もプレイした。そしてマイケルが宇宙船になるたび、「どうして?」と思った。ゲームをきっかけに、マイケルのCDを買い揃えた。ゲーム中流れていたBGMが最高の形にアレンジされ、神がかり的なボーカルが乗せられていた。超名曲ばかりだ。CDラジカセで毎日聴きまくり、テレビにマイケルが出ると必ずチェックするようになった。実写化されたマイケルは、非現実的なオーラをまとって見えた。
大人になると、熱狂はだいぶ落ち着いた。ネットを始めて最初に見たのがマイケルの公式サイトで、久しぶりにファンであることを思い出したくらいだ。サイト内では代表的なMVがいくつか公開されていた。『スムース・クリミナル』の白スーツ姿は、ドット絵のマイケルを思い起こさずにはいられない。
2009年6月、突然マイケルが亡くなった。早すぎる死は世界中にショックを与え、その年のうちに映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』が公開された。ロンドン公演のリハ映像を基にしたドキュメンタリー作品だ。僕は、近所のシネコンで初日に観た。翌日もう一度観た。2~3年後、引っ越しを機にホームシアターセットを導入し、最初に観たのが『THIS IS IT』だった。次に観たのも『THIS IS IT』だ。マイケルがこの世界から失われたことを確認するように、繰り返し観ている。そして観るたび、「どうして?」と思う。マイケルの死は宇宙船に変身するくらい不条理だ。
死をきっかけに、ディズニーランドで『キャプテンEO』が復活し、修学旅行で思い残していたことが皮肉にも叶えられた。「観れんかった奴は人生損してるよ」顔も覚えていない同級生のセリフを思い出す。損得関係なく、自分の人生の一部にはマイケルがいる。僕は人生について少しだけ知っている年齢になっていた。

PAGE TOP