2021年2月26日 [未設定]

まんがライフ4月号 本日発売です!

春の足音が聞こえてきそうな
あたたかい陽気の日が増えてきた、今日この頃。
まだ残る冬の寒さを吹き飛ばす、
春の可愛さ満点の
『まんがライフ4月号』
本日2/26(金)発売っ!


****************************
豪華巻頭カラー!
「めんつゆひとり飯」瀬戸口みづき先生
万能調味料のめんつゆ料理を作りすぎて、
スタンダードなざる蕎麦が新鮮に感じちゃって…?

めんつゆひとり飯増刊号が4/27(火)に発売です!

****************************
「だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!」佐野妙先生
ほのかが戸惑う方言「~じゃん」に対する返事…。
いったいどんなニュアンスやタイミングで使ってるの?

ライオリで連載中の「森田さんは無口」最新19巻が2/27発売です☆

****************************
「動物のおしゃべり♥」神仙寺瑛先生
春風が強くて干していた靴下が落ちちゃったみたい。
美伽ちゃんが犬のタローに行方を聞いてみると……?

「動物のおしゃべり♥」最新24巻は3/27発売です!


****************************
「ぼのぼの」いがらしみきお先生
昔ってどこに行っちゃうの?
ぼのぼのはあらいぐまくんが昔埋めたという牙を探しに
枯れ木のところに向かったけれど……?

そして連載400回記念トリビュート第3回!
「ぼのぼの」と豪華作家陣による、夢の競演。
最終回の今月は魔夜峰央先生・松井雪子先生・迂闊先生です!

****************************
SPゲスト登場!
「友こえて百合こえて地獄」えきあ先生

朝日と真夜は仲良しの幼なじみ。
けれどいつの間にか真夜の様子が前と違ってきて……?
最狂の幼なじみ現る!?!

****************************
コロナ終息祈念センターカラー!
「高尾の天狗とミドリの平日」氷堂リョージ先生
リモートワーク中のミドリ。
節分も一人寂しく過ごそうかと思っていたら……良い笑顔の聖が登場っ!
そして「節分会」っていったい!?

最新2巻が3/27に発売です☆

****************************
そのほか豪華連載陣でお届け!!
今月もまんがライフをよろしくお願いします!

2021年2月24日 [オリジナル4コマ]

柘植文の編集部かんさつ日記 第619話「新、竹書房」

(次回は3月3日更新です)

2021年2月18日 [未設定]

「ストーリアダッシュ」作品LINE着せ替え、2月18日お昼12時より配信スタート‼︎

竹書房×インクルーズが贈るLINE着せ替えシリーズ第6弾!
WEBコミックサイト「ストーリアダッシュ」より3種類のLINE着せ替えが配信スタート!

対象作品は
「ゆづちゃんはハリネズミがささってる/雪本愁二」

「勇者と魔王のラブコメ/ホリエリュウ」

「推しが公認ストーカーになりました/瀬尾みいのすけ」

ぜひともお買い求めください!

2021年2月17日 [オリジナル4コマ]

柘植文の編集部かんさつ日記 第618話「もっと堂々として大丈夫だと思います」

(次回は2月24日更新です)

かんさつ日記第583話を読む

2021年2月10日 [オリジナル4コマ]

柘植文の編集部かんさつ日記 第617話「またお願いします」

(次回は2月17日更新です)

2021年2月10日 [まんがライフオリジナル]

まんがライフオリジナル3月号本日発売!

ライオリ3月号、本日2/10発売!
2月だ!チョコだ!バレンタインだー!

★今月はたっぷりのチョコを渡すちぃちゃんが目印です★

****************************
巻頭カラー
 「鬼桐さんの洗濯」(ふかさくえみ)

読めば洗濯スキルUP!?な異世界クリーニング屋コメディ!
茶子のクリーニング師試験も終わり、結果を待つ日々。
今回は一息ついて温泉回です!!

****************************
センターカラー
 「ギャル医者あやっぺ」(長イキアキヒコ)

読めば笑って免疫力アゲアゲ間違いなしの
コミックス第二弾4/27発売決定!!!!!!!!
入れ歯を追って、消えた患者さんを探せ!!!!

****************************
ゲスト「じじ柴ハチさんは、今日も生きています。」(コノマエヨミ子)
柴犬ハチさんとの思い出の日々🐾
ハチさんが犬服を着るようになったキッカケは…?
単行本大好評発売中♪

****************************
ゲスト「孤独死しないためのおひとりさまサバイバル術」(高嶋あがさ)
単行本発売を記念しての出張ゲスト★
健康、お金、介護の備え…
女がガチで一人で生きていくための武器とは!?

****************************
企画「異世界にマンガ家が転生したらどうなるのか、描いてみた件」
毎回異なる漫画家が“自分が異世界に転生したらこうなりたい!”
というテーマでモノクロ1ページマンガを披露する本企画。
第20回はねこうめが登場。
差し出される一皿、食通村長のリアクション…この料理は!!

****************************

そのほか豪華連載陣でお届けします!!
今月もまんがライフオリジナルをよろしくお願いします♪

2021年2月3日 [オリジナル4コマ]

柘植文の編集部かんさつ日記 第616話「幸せ」

(次回は2月10日更新です)

2021年2月1日 [施川ユウキ映画コラム]

施川ユウキ映画コラム「全ての映画は、ながしかく」
第3回 耳をすませば

第3回「耳をすませば」

高三の夏休み、喫茶店でバイトをしていた。デザート&ドリンク専用の小さな厨房で、皿を洗ったりアイスピックで氷を砕いたりと、マスターの手伝いが主な仕事内容だった。バイト初日、休憩中特にすることがなくテーブルにあった新聞を読んでいると、同じく休憩中だったウェイトレスがセブンスターに火をつけながら話しかけてくれた。「タバコ吸わないの?」異性に免疫のない真面目な工業高校生の僕に、いきなり「タバコ吸わないの?」である。おそらく彼女も未成年だ。動揺を隠しつつ答える。「あっ、いえ」「何読んでるの?」「日本経済新聞です」「へーすごいね」会話は終わったが、僕は知的で寡黙な印象を与えることに成功したと思った。しかし帰り道には「日経新聞と略さなかったの、めちゃくちゃダサいのでは」と自転車を漕ぎながら後悔していた。どっちだろうが総じてダサい。初日以降、バイトを辞めるまで彼女から話しかけられることは一度もなかったし、僕から話しかけることもなかった。喫茶店の営業中、フロアにはウェイトレスの女性が常時二人いる。マスターと彼女たちが仲良く雑談している後ろで、僕は黙々と食器を洗っていた。店は市街地の地下あり、外に出ると真夏の青空と、ビルの上に当時公開中だった『耳をすませば』の看板広告が見える。キャッチコピーは「好きなひとが、できました。」中三の男女がピュアな恋愛をする、今で言うリア充映画だ。主人公たちは、よりによって三つも年下である。自分とのギャップを見せつけられツラい気持ちになりつつも、その看板から目が離せなかった。現実から目を背けてはいけないという謎の強迫観念があったのだ。アニメ映画『耳をすませば』のどこが現実なのかはよくわからない。とにかく僕の高三の夏休みの思い出は、地上へ上がった時のまばゆい青空と、更にまばゆい看板広告に集約されている。
『耳をすませば』は何度かテレビ放映された。大人になってから観ても、やはり心をざわつかせる内容だったし、そのざわつきこそが作品の魅力だった。手に入れられなかった青春の象徴だ。その後DVDを購入し、何十回と繰り返し観ている。反復しすぎた結果、心のバリが取れたというか、良くも悪くもざわつきはなくなっている。今では主人公である月島雫に全身全霊で感情移入して観ることができる。僕は女子中学生として、男子中学生である天沢聖司に恋をするのだ。そして天沢が雫にプロポーズするラストで、私(月島雫)は思う。今がこの恋のピークなのだと。彼がイタリアで修行しているあいだに、少しづつ気持ちは落ち着いてしまうだろう。この瞬間を超えるときめきは訪れない。初恋とはそういうものだ。遠距離で今の関係を維持し続けるには、お互いの粘り強い努力がいる。そんな自信、私(月島雫)にはない。……切ない映画である。ある意味僕は、女子中学生として恋も葛藤も経験してしまった。飽きるほどに。でもそれは本物ではない。だからまた再生ボタンを押すのだろう。何が言いたいのかというと、僕の暗い青春時代の話はもはやどうでもいいということだ。

PAGE TOP