2019年4月3日 [オリジナル4コマ]

柘植文の編集部かんさつ日記 第522話「やってるんですか?」

(次回は4月10更新です)

2019年4月1日 [施川ユウキ映画コラム]

施川ユウキ映画コラム「全ての映画は、ながしかく」第134回 ボヘミアン・ラプソディ

第134回「ボヘミアン・ラプソディ」

『ウィ・ウィル・ロック・ユー』がヒットした年に僕は生まれた。世代的に言えば、クイーンはリアルタイムでは全くない。詳しくもない。にもかかわらず、いつの時代もクイーンの曲はどこからか聴こえてきたし、聴いてきた。去年は『ハードコア』というハチャメチャバイオレンス映画の劇中に『ドント・ストップ・ミー・ナウ 』が流れ、観終わった後もしばらくノリノリで、歌詞はさっぱりだが口ずさんでいた。そんな程度のにわかクイーン好きの自分が見ても、本作は大感動の一作だった。
複雑な生い立ち、見た目のコンプレックス、ストレートでないセクシャリティ、色んな面で苦悩を抱えたフレディの生き様と、クイーンというバンドが伝説的に成功していく過程が、数々の名曲とともに描かれる。
» 続きを見る

PAGE TOP