2017年12月1日 [施川ユウキ映画コラム]

施川ユウキ映画コラム「全ての映画は、ながしかく」第118回 エル ELLE

第118回「エル ELLE」

ヴァーホーヴェン監督作品を最初に観たのは『トータル・リコール』だ。おばさんの顔が割れて中からシュワルツェネッガーが出てくる例のシーンを子供の頃CMで見て、親に映画館へ連れて行ってもらった。いきなりベッドシーンから始まり(今見ると大してエロくない)気まずくなった思い出がある。エログロや皮肉に満ちたブラックジョーク等、人を選ぶ作風ではあるのだけど、メジャー作でもある『ロボコップ』辺りは、全人類に見て欲しいと思っている。
とは言え、ハリウッドを離れて以降この十数年は、ファンとしての熱も若干冷めてしまっていた。今作『エル ELLE』は久々にスクリーンで観たヴァーホーヴェン映画だ。そして昔と変わらず、鑑賞後強烈なインパクトを自分の中に残している。
» 続きを見る

PAGE TOP