2009年5月29日 [まんがくらぶ, すくすくパラダイスぷらす・増刊号・その他]

まんがくらぶ7月号。

6月4日発売、
まんがくらぶ7月号
表紙校正刷りが
編集部に届いたよ。

目印は、
たかの宗美先生の
『有閑みわさん』!!

発売日
…楽しみだね♪

ちなみに
映画版『ルーキーズ』は
明日(5月30日)から
ロードショーみたい。

さっきテレビ版の再放送を見てたんだけど
…やっぱり泣いちゃった。

(編集 Y)

2009年5月29日 [まんがライフ, まんがライフMOMO, まんがライフWIN]

北条晶先生「2-Aの魔法使い」新連載!!

見知らぬバナーに「!?」となった方、そうです、今日から新連載がスタートです!

七瀬風花、14才。初めて人を好きになりました…その瞬間、魔法少女に変身!?
北条晶先生の描くマジカルコメディー「2-Aの魔法使い」本日夕方にかけて公開予定です。
見習い魔法少女の大活躍、お楽しみに!

完全無料・毎日更新中!まんがライフWIN はこちらから!

2009年5月28日 [施川ユウキ映画コラム]

施川ユウキ映画コラム「全ての映画は、ながしかく」第5回 アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生

第5回「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」

 この映画は、アニー・リーボヴィッツという女流写真家の人生を追ったドキュメンタリー作品だ。自分は映画の本質は演出だと思っている人間なので、ドキュメンタリーを映画として語るのは苦手だ。演出について敢えて言うなら、本作は彼女の人生を冷静に淡々と時系列で追ったというより、断片を感覚的に繋げて一つにまとめたという印象が強い。鑑賞後、走馬灯を見るようにアニー・リーボヴィッツの仕事を追体験した気分になった。彼女は自分とは真逆のタイプの人間なので、それが新鮮に楽しめた。
 アニーやアニーの関係者へのインタビューが続く中、彼女の撮った作品が次から次へとフラッシュバックのように映し出される。それがこの映画の基本構成だ。どの写真も印象的であるのは当然なのだが、インタビュー中に語られる言葉もまたフックのある断片として後に残る。
 「大切な人を二人失い、三人を授かった。それが人生」「車の中で育てば芸術家にもなる。車窓というフレームから世界を見てるんだもの」「移動が好きなの。次の場所に移動していれば満足よ」「空気のような存在になれば自由に写真が撮れる」「彼の骨を撮りたかった」「彼女は、母なる地獄」
 映像や言葉も、写真のように断片としてピックアップすると、表現としての強度が強まったり弱まったりする。目まぐるしくスクリーンに現れる無数の写真を見ながら、瞬間を捉える表現について、写真家という仕事について、ひいては自分自身の仕事についてまでも、色々と考えさせられた。
 彼女はその時々の有名人を被写体に、インパクトのある写真を撮り続け成功する。彼女の捉えた「瞬間」はカメラのシャッター幕が開く露光の瞬間ではなく、時代の瞬間そのものだ。
 「もし自分が有名人になって『いいとも』のテレフォンショッキングに呼ばれたら、誰を紹介しよう…」とか「『食わず嫌い王』に出たら、どの食材を指定しよう…」とか妄想する事があるけど、アメリカ人は「アニーに撮られるとしたら、どんな写真になるんだろう」等と思い描いたりするのかもしれない。
 深い思索を促される一方で、そんな事も考えさせられるポップさも併せ持った映画だった。

「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」
監督●バーバラ・リーボヴィッツ
出演●オノ・ヨーコ、デミ・ムーア、ミック・ジャガー、キース・リチャーズほか
上映時間●83分 配給●ギャガ・コミュニケーションズ
【イントロダクション】
世界的な活躍を続ける写真家アニー・リーボヴィッツ。暗殺の数時間前、裸でオノ・ヨーコに寄り添うジョン・レノン。妊娠中に雑誌の表紙をヌードで飾ったデミ・ムーア。ミュージシャン、映画スター、政治家、ダンサー、スポーツ選たちが彼女の前で心を開き、思いもよらぬ表情を見せる。華々しいキャリアを持つ彼女の人生と原動力を、セレブリティ100人の証言や、撮影裏話を基に描き出す。

2009年5月27日 [まんがライフWIN]

これがアシの必需品だウィッシュ!

「本当にあったゆかいな話DX」
&「まんがライフWIN」で絶好調連載中の
『あしなり?アシで成金になれるか!?』。
ライフWINでは
第2話がアップされましたのでよろしくお願いします!
葛西アシが憧れのカラスヤ先生のところへ
アシスタントの出前をした後編です。

上の写真はカラスヤ先生のところへアシに行くため
事前打ち合わせをしているときの1コマです。
(第1話の1?1「気が早い!」参照)
「この日のためにおニューを用意してきました!」と
葛西さんがおもむろに装着したのは
アームカバーと作業用手袋。
(ともに百均で仕入れ)
さすが気合入ってますね?って、
さらに注目したいのは
ネイル! Oh、pinky ネイル!! キラキラ付!!!
女は爪の先まで気ぃ抜いたらアカン! 言うことですわ。
ちなみに担当のN島は葛西さんから
「疲れてますね…」と会うたび同情されます。
はい、ネイルなんてもう10年くらいぬってません。がっくし。
ってことで、あしなりこぼれ写真でした♪

☆次回はカラスヤ先生の仕事場をご紹介します!

(N島)

2009年5月26日 [オリジナル4コマ]

柘植文の編集部かんさつ日記 第17話 「気を遣ってるわけではないんですけども」

4コマ堂オリジナル4コマ漫画 柘植文の編集部かんさつ日記 第17話

(次回は6月3日更新です)

2009年5月25日 [まんがライフMOMO, まんがライフWIN]

「ろりせん?」第2話公開スタート!

「まんがらない。」に続いてまんがライフWIN連載陣から猫間ことみつ先生「ろりせん?」第2話が、本日から公開スタートしました!

(胸以外の)外見は子供、中身はオトナなロリ先生こと渡代先生。その魅力に生徒達もほっとけないみたい?
さらに、渡代先生の巨乳のヒミツも明らかに!?

…今月スタート、WIN新連載の予定も近々お知らせ予定です。続報お楽しみに!

完全無料・毎日更新中!まんがライフWIN はこちらから!

2009年5月25日 [まんがくらぶオリジナル, まんがライフMOMO]

「家政婦のエツ子さん」第4巻、5月27日発売!


「カギっこ」と同日発売のMOMOコミックス、
こいずみまり先生「家政婦のエツ子さん」単行本第4巻、まもなく発売です!
今回の大量フルカラー描き下ろしでは、闘うメイドさん(!?)アンナマリアさんが再び登場!!
もちろんエツ子さんも魅力たっぷり収録してますので、お楽しみに♪

2009年5月25日 [まんがライフオリジナル, まんがライフMOMO]

5月27日発売!「カギっこ?巻」完成!!


5月27日(水)に発売される、
山口舞子先生の「カギっこ?」が完成しました!!
この巻で完結、ちょっぴり泣けちゃう最終巻!
ステキな1冊に仕上がりました。
書店などで見かけたら、
是非手にとってみて下さいね♪
あ、カラーページ&巻末に描き下ろしもある、
お得感たっぷりの1冊です。(K)

2009年5月25日 [まんがくらぶ]

ゆるめいつ、第1位に!

パンパカパ?ン♪

という事で、
TBSランク王国で、
DVD『ゆるめいつ』

月間売上げ第1位
を獲得しちゃったよ。
(4月分OVA部門・
コミックとらのあな全13店舗&
通販ランキング調べ)

ご購入下さったみなさん、
本当にありがとうごじゃります。

ちょっと興味が…
なんて方、
アマゾンサイト
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001RB4LKG?ie=UTF8&tag=t0e19-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B001RB4LKG

今すぐチェックを!!

(編集 Y)

2009年5月25日 [まんがくらぶ, まんがくらぶオリジナル]

有閑みわさん第5巻、5月27日発売。

たかの宗教先生
の最新刊、
有閑みわさん第5巻

編集部に届いたよ。

今回の目玉は、
何と言っても
『有閑みわさんトリビュート』!!

神仙寺瑛先生&あらい・まりこ先生&むんこ先生&東屋めめ先生&
カラスヤサトシ先生&みずしな孝之先生&いでえいじ先生
の7人のカリスマによる
有閑みわさんトリビュート
は、
正直「面白い」以外の言葉が
見つからず…。

出版社の壁をラクラク越えて、
『主任がゆく!(ぶんか社)』×『有閑みわさん(竹書房)』
のコラボ4コマも特別収録!!

そんな1冊、
良かったら是非!!

(編集 Y)

PAGE TOP