2009年4月30日 [まんがライフオリジナル]

施川ユウキ先生の「全ての映画は、ながしかく」バックナンバー公開開始です♪

施川ユウキ先生の映画コラム「全ての映画は、ながしかく」(まんがライフオリジナルで大好評連載中)、4コマ堂でバックナンバー公開がスタートしました。研ぎ澄まされたコラムと冴え渡るヒトコマカット、どうぞご堪能ください♪♪ 次号ライオリ6月号(5月11日発売)では、連載はや第20回、あのGOEMON(http://www.goemonmovie.com/index.html)が登場です。こちらもお楽しみに♪♪ (W)

2009年4月30日 [まんがライフオリジナル]

犬上先生サイン会報告?

みなさま、ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?
4月29日晴れ!秋葉原はCOMIC ZIN様にて
犬上すくね先生のサイン会が
盛況のうちに行われました。
駆けつけていただいたファンの皆様
ありがとうございました。
書店の皆様、お世話になりました?。
その様子をチラッとお見せしちゃいます。
(ky)

2009年4月30日 [施川ユウキ映画コラム]

施川ユウキ映画コラム「全ての映画は、ながしかく」第1回 自虐の詩

第1回「自虐の詩」 

 映画の感想を語る時「原作と比べると…」とか言う奴が嫌いだ。海外の小説など滅多に読まない自分からしたら「え、原作読んでないの? 読まずに映画観るの? 浅くない? って言うか普段から本とか読んだ方がいいよ」的な事を言外に言われているような気がしてならない(被害妄想)。そんな場面ではいつも全力の仏頂面で不機嫌をアピールし、気まずくやり過ごす事にしている。
 で、この「自虐の詩」ですが、原作と比べると若干毛色の違った作品になっています。…スミマセン。原作読んでない人は全力の仏頂面でこの先を読んで下さい。
 原作「自虐の詩」は、社会の下層に属するどうしようもない二人の変わらない日常を何度も何度も繰り返し描き、読者に滑稽な生活ぶりを十分認識させてから、ラストにその日々がいかに価値のあるかけがえの無い物だったのかを気づかせ嵐のような感動を呼び起こす、という歴史的傑作だ。均質なテンポで淡々と日常を描く4コマだからこそ、結実した奇跡だと思う。
 一方、映画「自虐の詩」は良くも悪くも映画そのものだ。主役の阿部寛と中谷美紀は役作りしてるものの華があるし、構成や演出は独特でケレン味がある。特に印象的だったのが後半の自殺未遂するシーン。ベッドの上に鮮血が広がるカットは恐ろしいほど絵になっていて、瞬間的に心を揺さぶられた。日常描写的にサラッと描いてる原作とは対照的だ。
 物語はクライマックスで分かりやすく「泣かせ」に行っている。だが、確信犯的な堤幸彦演出のお陰であまりあざとさを感じさせない。あざとさを指摘する前に、「イサオの風貌は、ヤクザから足を洗ってからの方がヤクザっぽくなってる!」とか面白い方に色々ツッコミを入れたくなる。ただ、堤幸彦特有のツッコミ所の多い演出は、強く出れば出るほど我々の生活世界から遠ざかってしまう。生活賛歌がテーマである本作では、そこに多少のジレンマを感じた。

「自虐の詩」
監督●堤幸彦
出演●中谷美紀・阿部寛・遠藤憲一・カルーセル麻紀・松尾スズキ・ほか
上映時間●1時間55分
【イントロダクション】
「日本一泣ける4コマ」と名高い業田良家原作の『自虐の詩』がついに映画化。母の顔は知らず、父は銀行強盗、子どもの頃から苦労を重ねてきた幸江。仕事もせず、気に入らないことがあるとちゃぶ台をひっくり返す内縁の夫、イサオと暮らしている。そんな中、運命を急展開させる出来事が…。

2009年4月29日 [まんがライフ, まんがライフオリジナル, まんがライフWIN]

まんがライフWIN公開中!連載作品をご紹介

4/27よりオープンした『まんがライフWIN(うぃん)』、もうご覧になりましたか?
WEBコミックの新しいカタチを目指して色々チャレンジ中の本誌、ちょっとした空き時間やネットサーフィンの合間に。お手軽な量をこまめに更新していきますので、ゆっくりみていって下さいね!
↓まずは連載作品第一話のご案内をどうぞ。続きもWEBで!!

漫画アシスタントの日常をセキララに語るブログ「あしめし」でも有名な葛西先生が、ねんがんのカラスヤサトシ先生のお仕事場へアシに向かい…!?
葛西りいち

和風志向のユキオの家に突然やってきた、イギリス生まれの美少女ハーフ従姉妹!そもそもイトコの存在、今まで知らなかったんだけど…!?
後藤羽矢子

漫画家志望の「はな」と幼なじみの「かの子」、新生活の拠点を探して見つけたのはその名もトキワ荘!やっぱり夢は形から入らないと…!?
高内優向

新しい担任の渡代先生は、とってもナイスバディーな…お子さま先生?赴任早々さっそく生徒達から質問攻めにあっちゃって…!?
猫間ことみつ

完全無料・毎日更新中!まんがライフWIN はこちらから!

2009年4月29日 [オリジナル4コマ]

柘植文の編集部かんさつ日記 第13話 「メガネ前メガネ後」

4コマ堂オリジナル4コマ漫画 柘植文の編集部かんさつ日記 第13話

(次回は5月6日更新です)

2009年4月27日 [まんがライフオリジナル]

犬上先生サイン会4月29日開催で?す!!!


皆様、単行本「ういういdays」?巻
お楽しみいただけてますか?
カバー(裏)の水も滴る男衆も密かに注目を集めてます!!
最新刊発売を記念しまして
4月29日祝日!COMIC ZIN 秋葉原店様にて
サイン会が開催されます。
整理券はすでにそーとう捌けてしまってるようですが
COMIC ZIN様にお問い合わせしてみてくださいね。
(KY)

2009年4月24日 [まんがライフオリジナル, 施川ユウキ映画コラム]

施川ユウキ先生映画コラム「全ての映画は、ながしかく」バックナンバー公開スタートします!

まんがライフオリジナルで連載中の施川ユウキ先生映画コラム「全ての映画は、ながしかく」を毎週木曜日に第1回から掲載開始します!
メジャーな映画からマニアックな映画を、思わず噴出す1コマコメントと施川ユウキ先生の独特な世界観で綴るコラムは必読です!!どうぞお楽しみに!

2009年4月24日 [まんがくらぶオリジナル]

●△★スペシャル。

むんこ先生のコミックス
『がんばれ!メメ子ちゃん』
第1巻&第2巻
の続きが読めちゃう増刊号!!

「まんがライフセレクション
むんこスペシャル」
が、
アル・パチーノの誕生日・
4月25日発売に!!

お近くの
コンビニや書店で
ぜひ!!

むんこ先生の
もう1つの
代表作コミックス
『まい・ほーむ』
第1巻?第2巻
(注:写真にはありません!)も
ぜひぜひ!!

追伸
むんこ先生のホームページが
開設されました!!
「むんこの部屋」 →
http://homepage3.nifty.com/munko/

(編集 Y)

2009年4月23日 [まんがライフWIN]

竹書房が送るライト感覚WEBコミックサイト『まんがライフWIN』4月27日よりオープン!

手軽に・気楽に・WEBらしく。をテーマに、完全無料・毎日更新のオリジナルWEBコミックサイト『まんがライフWIN(うぃん)』が4月27日よりライブドアHP上にオープンします!

もちろん竹書房4コマ誌グループが全面協力。4コマ誌でおなじみの作家さんやWEBで話題の作家さんなど続々参加予定です!皆さんに手軽に楽しんでもらえるような、WEBならではのマンガのカタチを探っていきますので、お楽しみに!

完全無料・毎日更新中!まんがライフWIN はこちらから!

2009年4月22日 [まんがくらぶオリジナル, まんがライフオリジナル]

リコーダーとランドセル? 3刷り目!

東屋めめ先生の「リコーダーとランドセル?」いよいよ3刷りです。すべて応援してくださるみなさんのおかげです、ありがとうございます! リコラン連載誌のくらオリではあつしの将来の夢も明らかになり(!?)、次回またまた見逃せない展開になる予定ですので、ちょっと早いですが7月号もどうぞお見逃しなく! 同じく東屋先生のまんがライフオリジナル掲載作「ご契約ください!」も営業女子のガチンコバトルになってます。吉田と黒木さんの対決も引き続きお見逃しなく?♪(W) 

PAGE TOP